FC2ブログ

【ネット】犯人や「故人の息子」勝手に自称 「不謹慎系ユーチューバー」が増え続ける理由 「実害無いし金儲かるし」

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590549452/

1ramune★2020/05/27(水)12:17:32.10ID:+SY6fhcy9

社会的関心の高い事件や事故、訃報があった際、当事者の感情を逆なでしたり、関係者を装ったりして注目を集めるユーチューバーが後を絶たない。

 フジテレビの人気番組「テラスハウス」に出演し、先日亡くなった女子プロレスラー、木村花さん(22)をめぐっても、
木村さんを侮辱するようなタイトルの動画が数本投稿され、顰蹙(ひんしゅく)や怒りを買っている。

 こうした動画は「逆張り系」「不謹慎系」と呼ばれ、専門に扱う投稿者が少なくない。どのような目的で活動を続けているのか、
批判をどう受け止めているのか、投稿者2人に話を聞いた。

■「首里城を燃やしたのは僕」「岡江久美子の息子です」

「京都アニメーションを燃やした男は悪くない!」
  「沖縄の首里城を燃やしたのは僕です」
  「岡江久美子の息子です。真実をお話しします」
  「プロレスラー木村花が死んでくれて祝杯」

 これらは、実際にユーチューブに投稿された動画(一部は削除済み)のタイトルだ。

 いずれも「不謹慎系ユーチューバー」と呼ばれる投稿者による動画で、多くの再生数を稼いだ。
もっとも、低評価が高評価を大きく上回り、共感はほとんど得られていない。


https://news.yahoo.co.jp/articles/659df5f3f3cd64f4db2df3a9105a7f82936656cd?page=2

続きを読む

【アキラメロン】日韓議員連盟幹事長、「文喜相強制徴用補償案通過すれば首脳会談し輸出規制解けるだろう」

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1590548754/

1新種のホケモン★2020/05/27(水)12:05:54.52ID:CAP_USER

日韓議員連盟の河村建夫幹事長が26日に朝鮮日報とのインタビューで「(第20代国会で廃棄された)文喜相(ムン・ヒサン)法案や、これよりさらに進展した案が次の韓国国会で通過すれば安倍首相は文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談をし、輸出規制が解けることになるだろう」と話した。

続けて「文喜相法案が座礁したことは遺憾」としながら韓国の次期国会が両国関係を改善する法案を継続して推進することを注文した。

河村幹事長は韓国の総選挙当時、与党から反日表現が出てきたことに対して懸念を示した。河村幹事長は「安倍首相周辺に嫌韓・反韓性向の人がいないとは言えない」とし、「首相官邸には韓国与党が反日を選挙に利用するのを許してはならないという動きがあった」と話した。



https://s.japanese.joins.com/JArticle/266386?servcode=A00§code=A10

続きを読む

【社会】ここは日本!?「かつての風俗街・西川口」が危ない歓楽街から「チャイナタウン」に

[かわる★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590543582/

1かわる★2020/05/27(水)10:39:42.87ID:R5dtXcky9

危ない歓楽街から「チャイナタウン」へと変貌

京浜東北線

「西川口」駅は、埼玉県川口市に位置する、JR京浜東北線の駅です。1日の乗車人数は6万人弱。近年は増加傾向にあります。

そもそも川口の地名の由来は、旧入間川(現在の荒川)の河口に臨んでいたからといわれています。『義経記』には1180年、源義経が奥州から鎌倉に向かう途中、武蔵国足立郡小川口で兵をあらためたと記されています。

川口市は江戸時代に日光街道が整備され、日光社参に伴う休憩所が設けられたり、舟運・陸上交通の整備に伴って鋳物産業が盛んになったりと発展してきました。一方、西川口のある並木地区は、1644年(正保元年)、横曽根村・並木地区が発祥となり、稲作や紙漉(かみすき)業が発展、江戸向けの浅草紙(再生紙)を生産していたといいます。

そんな「西川口」といえば、「西川口チャイナタウン」。近年爆発的に中国人が増え、「川口人民共和国」などと称されることもあり、ここが日本であることを忘れてしまうほどです。ここ西川口や池袋北口は、横浜や神戸、長崎の人気観光地である「中華街」とは区別し、「チャイナタウン」といわれることが多いようです。


全文はhttps://news.yahoo.co.jp/articles/c97263b5eff5dffc8a077fdf85cc3de3ed00ddd9

続きを読む

【ネット】YouTubeで中国共産党を批判するコメントが自動削除されていたことが判明

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590545603/

1かわる★2020/05/27(水)11:13:23.62ID:R5dtXcky9

YouTubeで中国共産党を批判するコメントが即座に削除されていたと、複数のメディアが報じました。YouTubeはこの問題について「システムのエラーが原因」との声明を発表しました。
https://www.theverge.com/2020/5/26/21270290/youtube-deleting-comments-censorship-chinese-communist-party-ccp

続きを読む

【誹謗中傷】「怒り」を増幅させるSNS 正義の名の下に行われるバッシング、ヘイトスピーチ…SNS利用は孤独感を強めるという分析も

[ramune★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590548877/

1ramune★2020/05/27(水)12:07:57.65ID:+SY6fhcy9

 フジテレビのリアリティ番組『テラスハウス』に出演していた木村花さんの急死をめぐり、生前の彼女に対する非難が問題視されている。
(中略)
 インターネットにおける非難・中傷は、日本だけでなくさまざまな国で問題となっている。

概してそれは多くの匿名者が、特定の人物を集団で追い込む状況だ。つまり「炎上」だ。
 そこで注視すべきは、加害者と被害者の関係はもちろんだが、TwitterやInstagramなどのSNSがバッシングを誘発しやすいことだ。
(中略)
■“危ない場所”になったTwitter
(中略
 日本においても、排外主義者による在日韓国・朝鮮人などに対する差別の問題は、2016年にヘイトスピーチ対策法が施行されるまでにいたった。
いまだにこの差別を大きく駆動しているのは、SNSにおける排外主義者の言動にある。

 ただ、こうしたネットでの非難や差別は、かならずしも芸能人や外国人だけが被害を受けているわけではない。
未成年者においてはいじめと関連し、一般の社会人であってもバッシングされるリスクは常にある。
しかもこうした状況は、日本や韓国だけでなく世界中のひとびとに共通するものとなった。



全文ソース
https://news.yahoo.co.jp/byline/soichiromatsutani/20200525-00180157/

続きを読む